2016/01/22 20:07

氷上一番乗り

    
  
いよいよ本格的なワカサギシーズン到来です。

とは言え、個人的には氷が張ったら目的は魚を釣ることより、

テントの中での釣りを楽しむ方へシフトするんですが。

数釣りなら岸釣りが一番ですから。


そして去年同様、今年も氷上一番乗りです。

先輩がスノーシューを履き、落ちた時ようにロープと板を持ち氷の上へ。

それを私が「大丈夫ですか~?」とサポートするわけですが、

一応安全を確認したとはいえ怖いです。(;´Д`)

IMG_0564.jpg 


ゆっくりとポイントまで行き、静かにテントを準備し、あまり動かないように釣りをする。

まぁ~4時間弱の釣行なんで我慢できますが、

一日中薄い氷の上でドキドキしながら釣りをするのは体に良くないです。

しかも意外と釣れたから気が紛れたところもありますが。

IMG_0566.jpg 

時々キスのようなワカサギも釣れたりと意外と楽しめました。

次はカップラーメンとコーヒーを準備して、レジャーフィッシングと行きたいところです。







続きを読む »

2015/11/01 22:59

小さな魚のビッグゲーム

    
 

公魚(ワカサギ)は無限の魅力を秘めた魚だ。

大きくてもせいぜい20弱の魚のどこにあんな魅力があるのか。



ワカサギ 



今は当たり前となっている岸釣りも、小学生からやっている私は30年ほどやっていることになる。

小学生のころは「無限の魅力」などと思うこともなく、

ただひたすらに仕掛けを垂らし、

「なぜ釣れるのか、どうすればもっと釣れるのか」など当然考えもしなかった。



様々な釣りを経てワカサギを釣ると、いろいろと考えることも出てくる。



私の場合の大雑把な組み立ては、


竿 ・ 長さ1.8m、2.7m、3.6m、4.5m。沖を狙うか岸に寄っているか。

仕掛け ・ 針のサイズ、針の数、針と針の間隔、チモトのビーズ。

重り ・ 底を取るのか浮かせるのか、どの程度のスピードで落とすのか。

エサ ・ 赤虫、サシ虫(紅サシ、白サシ)をどのくらいの大きさで付けるか。

ウキ ・ 波、風に合わせてアタリの取りやすいウキ、立ち姿勢。


これだけ見ても組み合わせは数十通りになる。



食いのいい時は何をやってもガンガン食ってくる。

そんな時は誰でも釣れるし、釣果にも差は出ない。

出るとすれば餌付けや魚を取るなどの”手返しの良さ”



問題は食いの渋い時やアタリの少ないとき。

魚探でワカサギ釣りをやったことがある人なら分かると思うが、

魚探に真っ赤になるくらい反応があっても食わないときは食わない。



要するに、反応が良くても悪くても釣果に差が出ないようにしたいと。

釣りをすると必ずサイズか数を欲しくなる。

釣り人のわがままなところ。

今年もそんなシビアなシーズンが始まりました。|д゚)























2015/02/17 00:11

強烈な引き!

    
  
日曜日は朝4時にワカサギ釣りへ出発。

目的は初の山間部の野池でのワカサギ釣り。

早くいかないと駐車スペースがないので車が置けないとか。


釣り場には1番に到着。

テントを張り、釣りの準備に取り掛かる。


先輩の魚探で見ると、水深は9m。

2mラインとボトム付近に魚の反応。


手繰り釣りを好んでやる私にとって、深い場所は苦手。

2mラインを中心に探ることに。


大きい群れはなく、アタリも続かない。

誘いながら1匹1匹掛けていく。

結果的には2時ころまでやって50匹くらい。

0引きとか6匹って人もいたくらいですから釣ったほうですね。


そんな中、僅かなアタリをとって掛けた瞬間の強烈な引き。

竿では対応しきれないため、ラインを持ってのやり取り。

2mラインから上がってきた魚は・・・。

IMG_0062.jpg 


20cm位の鮒!!

氷が張っててもあんなところを泳いでるんですね~。



そのあとは場所を八郎湖に移してラスト2時間。

帰るまで当たりっぱなしで野池の釣果をあっさり抜きました。

あさからここに来てたら凄い釣果になってたでしょうね。



ワカサギはこれでほぼ終了。

うまくタイミングが合えば行くかもしれませんが、

次の釣りの準備もしないと。(*´ω`*)







続きを読む »

2015/01/18 23:54

久々の釣果。

    
 
本日はちょっと足を伸ばして八郎潟の漁港へ。

ここ数日の暖かさ&雨で家の近所は氷が薄く、

湾のように囲まれている漁港なら上がれるんじゃないかと。


釣り場の狭い漁港にテントが7つほど。

自分たちのテントは漁港の一番外、コの字状の漁港の外と繋がった部分。

ここなら出るも入るも必ずワカサギは通りますから。(*´ω`*)


穂先を作り、仕掛けを工夫して臨んだ今日の釣り。

こんな時に限って開始から普通にアタる。

ただ、時々訪れる「無」の時間帯に予習の成果が。


アタリ取り用の穂先(柔らかい)と掛け用の穂先(硬い)。

アタリが出るのは柔らかい方のみ。

しかも先がベロンベロンの先調子。


この竿で誘うと、止めた瞬間に僅かな竿先の震え。

このアタリに掛けていく。

「こんな釣りが大好きだぁぁぁぁ!!」


しかしこの竿の弱点。

アタリを取ることには長けているが、柔らかいためにノリが悪い。

アワセは極端なくらい大きくしないと・・・。



まぁ、今日はさほど途切れることなくアタリがあったので釣果はご覧のとおり。

DSC_34.jpg 

いつもの場所より型は小さいですが、

丁度いい食べごろサイズじゃないかな。( *´艸`)


来月のイベントに向けて今日のワカサギは冷凍庫へ。

それと同時に電動リールを早く完成させないと・・・。





2015/01/18 00:25

激シブ!

    
 先日の連休もワカサギ釣りへ。

二日にわたって行ったわけですが、

釣り場を変えて釣行テスト。


ただ、どちらとも食いはシブイ。

釣り人が少ないんで全体の釣果はわかりませんが、

ほとんどの人が僅かな数のワカサギを手に帰っていく・・・。

DSC_0231.jpg 


ちなみに私の釣果は2日で30ちょい・・・。

氷が張り始めてから一気に釣れなくなった感がありますが、

今季の氷上ワカサギはすでに3回。

この3回の釣行で得た今季の釣果を伸ばすメソッドは。







続きを読む »

2015/01/04 22:19

うすうす~

    
 

残念ながら釣りの話です。|д゚)



今日は先輩からの電話でワカサギ釣りへ。

氷の上で釣っているとのこと。


「もう上がれるの?」

「ほかに上がってる人いるの?」


そんなことを考えながら釣り場へ。


釣り場に着いて土手を上ると、テントが一つだけ。

足跡をたどりながら恐る恐るポイントへ向かうも、

厚さも分からないグチャグチャな氷の上を、

「こわ~!」

「まじか~!」

の言葉を連発しながら歩く。


案の定、先輩はライフジャケットと体重分散にカンジキを履いている。

ちょっと騙された感がありますが、来てしまった以上は釣りすることに。

DSC_03.jpg  DSC_02.jpg 

案の定氷はうすうす。

表面のグチャグチャを入れても20cm位。

穴を開けるのもめちゃくちゃ簡単。



肝心の釣りはというと、

昼頃という時間も関係してか当たったり止まったり。

赤虫を使っている先輩のほうが断然食いは良いようでした。

DSC_01.jpg 


それより今年はサイズがいい!

いい型のキス位はあるようなサイズ。

当然竿はしなるしなる。

残念ながら写真は撮ってませんが、

今年のワカサギ釣りは楽しめそうです。(*´ω`*)










2014/12/11 22:32

早くも穴釣り?

    
 そういえば、先週のワカサギ釣り。

今年初の穴釣り&爆釣。


家でゆっくりしようと思っていた休日に友人からワカサギ釣りの誘い。

雪も降り、気温も低い。

釣り場には誰もいない・・・。


全体的にはまだ氷は張ってないものの、漁港内は岸際が凍り始め。

とりあえずは凍ってない場所からスタート。

DSC_0233.jpg 


食わせの赤虫を取り付けさそうもののアタリはなし。

誘っては止め、を繰り返してひたすら待つ。

ようやくワカサギをゲットしたもののアタリはそれっきり。


思い切って棒で氷に穴を開け、岸からの穴釣りに。

氷の下は暗く日中はワカサギが集まるのか、ここから爆釣モード。

DSC_0232.jpg  DSC_0234.jpg 


落とすとすぐにウキに反応。

上げると2~3匹のワカサギ。

手返しをよくするために竿を3.6mから2.7mにし、餌をサシ虫にチェンジ。


ばたばたっと釣れると暫しアタリはストップ。

誘っているとまた当たり始める。

これが夕方4時まで3時間続いた釣果が・・・。

DSC_0235.jpg  DSC_0236.jpg 


ざっと数えて約320匹。

実質3時間程度での釣果。

ワカサギのスイッチのオンオフがはっきりしていたため、

ある意味釣りやすかったのかも。




今週は大雪予報。

今週こそ週末はゆっくり出来そう。
















続きを読む »

| ホーム |


PREV PAGE«  BLOG TOP  »NEXT PAGE

プロフィール

フローターマン

Author:フローターマン
そん釣り(略)へようこそ!
ブラックバス、ワカサギ、渓流つり。
そのほかカーオーディオをメインとした車イジリ。
趣味は人生を豊かにしてくれます。

スポンサード リンク

カテゴリ

ブロとも申請フォーム