--/--/-- --:--

スポンサーサイト

    
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/05/14 00:02

ワールド・オブ・ライズ

    
コメントもないのに良く書くなぁ?って思ってる方もいると思いますが・・・
本日もダラダラと書かせていただきます。
ってか、思い切ってコメント受け付けないように設定・・・しようかな・・・壁|彡サッ

相変わらずネットの接続状況が思わしくないです。。。
回線チェックが終わったようで以前よりは切れなくはなったんですが、怖くてオンゲ出来ません。
っということで映画を観たりしてるわけでw

今回見たのは”ワールド・オブ・ライズ”
これも邦題でしたね。

ディカプリオ、ラッセル・クロウ主演。
テロを描いた作品で、現場での指揮・交渉役はディカプリオ。
遠く離れたアメリカで支持を出すのがラッセル・クロウ。

両者ともCIA諜報部員なんですが、同じ”テロ”を担当しててもこんなにも差が。。。
会社と同じように、汗を流すのは現場の人だけなんでしょうね・・・(;´Д`)

個人的にディカプリオがあまり好きじゃなく彼の映画はほとんど観ないんですけど、今回は時間もあるし・・・。
そんな感じで見始めたこの映画なんですが、何の映画か分からないまま観始めました。
しかし意外と面白かったですw

アメリカ、イギリスなどで起きた爆弾テロの首謀者を捕まえようとする話なんですが、いろいろと考えさせられる作品でした。
宗教とはいったい何なのか。
一口に”イスラム教”と言ってもスンニ派やシーア派。さらにそれぞれに派閥が。
簡単にいうと預言者の後継者(最高指導者)が誰なのかということで話がまとまらず分裂したようなんですが、宗教で大事なのは後継者が誰かということじゃなく”預言者”とされる人が何を言い、何を伝えようとしてたかじゃないんすかね?。
それでお互い殺しあったり、自爆テロ行為をしたり・・・私たち平和な仏教徒には理解出来ませんね。。。

続いて諜報活動とは。
アメリカにはCIA、イギリスにはMI6、イスラエルはモサドなど有名な機関があります。
国内の情報を集めるなら警察で十分でしょうが、他国の情報となると・・・。
今や情報とは金をかけ調べ、それを売ることが出来る時代。
日本の感覚だと「同盟国のアメリカに聞けば教えてくれる」って感覚。
それだと同じ情報でもデパートの受付嬢に売り場を聞く”インフォメーション”程度。
本当の情報とは”インテリジェンス”
インテリジェンス=知能やそれの働き、あるいは知能が働く上で利用する情報群などを内包した概念であるが、物を考える能力があるからといって、或いは情報が集積されているからといって、それがインテリジェンスの概念に相当する訳ではなく、その双方が揃って正しく機能することがインテリジェンスであると解される。
インフォメーション=事象、事物、過程、事実などの対象について知りえたこと、「知らせ」の意味で使われてきたもので、簡単にいうと”音”や匂い”など誰でも体験・経験できることみたいです。
by ウィキペディア
日本も見習って外交に力を入れてもらいたいものです。

最後に。
誰を信じるか、信じてもらうために何をするか。
敵側にスパイを送り込むためにどうやって信じ込ませるか。
他国に援助をしてもらうために、どうやって自分を信じてもらうか。
自分の味方である上司や部下を信用出来るか。
考えれば考えるほど・・・誰も信用出来なくなりますw

映画の話からはかなりそれましたが・・・
今回のディカプリオ主演作品はアリでしたw
ラッセル・クロウの太りっぷりにはビックリしましたが・・・
グラディエーターの頃はシブイいい男だったんですが。。。



って、俺も人のこと言えないか・・・
中学・高校の頃は痩せてていい男だったんですが・・・壁|彡サッ

<< 次の不具合。。。 | ホーム | おかわり >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 

プロフィール

フローターマン

Author:フローターマン
そん釣り(略)へようこそ!
ワカサギ、渓流釣り、バイクなど。
そのほかカーオーディオをメインとした車イジリ。
趣味は人生を豊かにしてくれます。

スポンサード リンク

カテゴリ

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。