--/--/-- --:--

スポンサーサイト

    
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/10/01 00:21

歌詞について考えるっ2

    
デスペラード。
直訳すると”ならず者”って意味ですが、語源はスペイン語のdesperate(自暴自棄になる)だそうです。
歌詞を読むと”ならず者”よりは”自棄になった人”っていうほうがタイトル的にはいいかも。


ある中年の男はフェンスに腰掛けて遠くを見つめていたり、トランプ遊びをすれば無謀な役を狙う。

「ダイヤのクィーンを引くだなんて
場合によっては君は負けてしまうんだよ
ハートのクィーンが一番いい手なのを知ってるくせに
ボクにはいいカードだと思うのが
テーブルに並んでるのに
君は手に入らないのしか狙わないんだね」

この男は今までの人生こうやって高望みして生きてきたんでしょうね。
そうやって諭すように歌うこの歌。
タイトルだけ聞くと荒々しい歌のように聞こえますが、心にグッときます。

特にラスト。
「雨も降るだろう。でも虹もでるんだよ。
誰かに愛されなよ。遅くならないうちに。」
中年だから心に響くんでしょうかね・・・

そんな歌詞をふまえて。

<< 補修 | ホーム | 9月も終わりですね? >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 

プロフィール

フローターマン

Author:フローターマン
そん釣り(略)へようこそ!
ワカサギ、渓流釣り、バイクなど。
そのほかカーオーディオをメインとした車イジリ。
趣味は人生を豊かにしてくれます。

スポンサード リンク

カテゴリ

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。